2008年04月01日

花冷えポッドキャスト

おかげさまで第一回のポッドキャストもたくさん聴いてもらえたようで、
メール、mixiメッセージ、コメントなどもらってます。

まだだったら聴いてね。

(このブログのサイドメニューからも聴けます♪)

桜
桜のせいか道路がこんでてたいへんでした。
写真は飯田橋の辺り



きょうも新曲の作業でした。

曲の構成とアレンジで3人で喧々諤々もめまくり、
コーヒーがぶがぶ飲みまくり、
お腹の赤ちゃんのためにカフェイン摂取しまくり・・・

「くまのうた」と

「白くまのうた」

・・・

かぶってる・・・・(:D)κ






第2回のポッドキャストも近日アップします。

お楽しみに!
音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 04:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

醍醐の花見

京都は醍醐寺の桜を見てまいりました。

ザ・平安時代!

または

ザ・桃山時代!

でございました。


タイミングもバッチリ。
醍醐
バサバサバサ〜!ザバザバ〜!
大きすぎ。


醍醐


タグ:醍醐寺 醍醐
音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 22:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

春爛漫ポッドキャスト

植物園
春うらら。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
わたくしは京都の芝生の上にゴザ敷いて幸せそうな人々を眺めております。



さて、

メインテーマである離乳食の話題に触れる気配もない裏さと月ポッドキャストですが、

本日、第2回めをアップしました。

今回はテツヤ最新東京住宅情報〜長年住みなれた両国の江戸長屋からの旅立ち編〜

です。

・テツヤさんは両国を後にしていったいどこに行くのか!?

・駅から自転車で40分? そんな新居の場所とは?

・新居に設置されるすごい最新装置とは???





聴く方は聴いてください!⇒ サイドメニューにあります

音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 00:49 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親父が花咲か爺さんになった日

京都の親父は70歳。

定年を迎えてからしばらくは家でじっとしている生活をしていたが、

いつからかさかんに庭に出て土をいじるようになった。



来る日も来る日も庭の手入れに精を出し、木を剪定し、草を抜いた。

庭はもともと日本庭園風なのだが、ある日実家に帰ってみると、

日本庭園を背景にした畑と化していて、

ナスやきゅうりが燈籠の横でぼろんぼろん実っていた。



自分の家の庭だけでは飽き足らず、次は近所に進出しはじめた。

隣の木を切ってあげたり、採れた柿を配ったり、神社の手伝いに行ったり・・・

もともと社交的な性格なので、いろいろなお返しをもらったり、近所のこどもが遊びに来たり。




去年からは知り合いとふたり連れ立って
琵琶湖疎水に沿って菜の花を植えはじめた。

毎日毎日寒風吹く疎水の水際の固い土を掘り起こし、菜の花の道を少しずつ延ばしていく。

その様子は何かにとり憑かれたようにも見えた。



そして春になり・・・


菜の花
桜は満開となり、競うように菜の花もいっせいに開花し、
その場所は通りがかった花見客やこの先の神社に行く途中の人、カメラを持った人たちが続々と流れ込んでくるお花見スポットとなっていた。

今日お昼過ぎに見に行くとそこにはいままでの記憶にはないくらい大勢の人が集まってお弁当を広げていた。

育った菜の花がごっそり盗まれたり、人気の証しのような現象も起きた。

京都のテレビにもその景色が映し出され、
それを見た親父もまんざらではない様子でつぶやく。
「おう、俺の植えた菜の花がテレビに映っとる・・・」





きっと花咲か爺さんのような面映い心持ちではないかと思うのである。


音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 22:58 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

菜の花と桜とブラスバンド

今日のお昼には近くの高校の女の子ばかりのブラスバンドが演奏し、

一時は通れないほどの人だかりになっておりました。
ブラスバンド
柔らかな金管木管の音はふんわり物憂く、

桜と菜の花と青空と溶け合い、

隣で焼いてるバーベキューの匂いとも混じり合い、

豪華な春の絵巻となっていました。


人だかりの中、なぜか親父もスタッフに交じり、にこやかに歩行者の誘導をしておりました。




疎水
対岸から見物する人々。
普段、対岸に人がいるのを見たことがないのだが・・・
音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 23:31 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

さよなら両国(1)

さてさて

大山くんが両国を引き払う日も近くなって参りました。

彼が16歳のころから3●歳までを過ごした思い出の詰まった部屋。

それは入居してすぐの様子を知るぼくにとっても思い出の部屋であります。
引越し



夜中にビルが揺れるほどの爆音でベースをひける部屋。

夜中にジャンベも録音できる部屋。

もちろん歌録りOK。

録音を終わって外に出ると近所のひとに「ご苦労様」と温かい声をかけられる。

大家さんに「今度の曲はいい曲ねえ」と温かい声をかけられる。

(要するに町中にまる聴こえなのです)



路駐が100%許される下町っぽいところもよい。

(大山くんだけはたまに切られる)



ボロボロの破れ障子もよい。

その向こうにのぞく瓦屋根も風情がある。

煙草のすえた匂いも排水溝の匂いも友達みたいなもの。

お風呂場をのぞけば、抜けた髪の毛が集まってカツラができあがっている。

彼が長髪のころは毎日ひとり分のカツラができあがっていたなあ。

(そのころはぼくも長髪でした。)


ドラムの松ちゃんが来て
布団にはビールを、
ピアノにはコーヒー牛乳を
どばどばとこぼしたが、大山くんはさわやかに笑って許した。


合鍵は多いときで7人くらいが持っていて
遊びに行くと大山くんがいなくて、高間がいたりした。


夜に行くと真っ暗な中、大山くんとコータローがひとつの布団で寝ていて、
見てはいけないものを見た気がしてそのまま帰ったこともある。

・・・・・





長くなったので、
次回に続く!
タグ:両国
音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 23:51 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

さよなら両国(2)

16年間、音楽を生み出し続けた両国のその部屋は・・・



夏は18℃、冬は30℃のエアコン設定の部屋。

絶対に消されることのない部屋とトイレの灯り。そしてマックの電源。

一歩目を間違えると通れない狭い玄関。

流しのすぐそばに積み上げられた保存すべきライブビデオ。

5年間流しに置かれたままのラーメン鉢。

5年間冷蔵庫で保管された玉子のパック。

天井に到達する謎のダンボールとゴミ袋の山。

6月のさと月ツアーから帰ってきてみるとそのゴミ袋の中では黒い点々がいっぱい動いてる。

敷き布団の下からは、押されてナンになったサンドウィッチが出てくる。

押し入れで林檎たちは腐る。

苺たちも緑色に変わる。





というようなアンチエコロジーな部屋ですが、

いったん入ってしまうとどこか懐かしく心地よく、

時間は江戸時代のように緩やかに流れ、

音楽のアイデアは湯水のようにこんこんと湧きあふれ出す

不思議な創造的空間だったのです。




さらに
次回に続く
タグ:両国
音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 00:22 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

さよなら両国(3)

雨がひたすら降る中、大山くんは引越しをしたそうです。

mixiの日記に
大山くんの引越し祝いにさと月のCDを買ってください!

と書いたら、

「せっかくだから買ってあげる」という素敵な方々が現れ、

いまそのコメントを見ながら喜びを噛み締めているところです。



さて、

いつもいつも聡子が「汚い」、「臭い」、「くつしたが脱ぎっぱなし」などと言っていたその部屋ですが、

実はレコーディングスタジオクラスの超高級機材がいくつもセットされており、

部屋の汚さと録り音の良さのギャップがうわさになる程でした。

ここで作り上げた他のアーティスト作品はいくつか世の中に出ているし、

オリコンチャートの上の方に行った曲もあるそうです。


特に、さと月アルバム『あひるとうさぎと』と『銀の波』はすべてを大山くんの部屋で作り上げたともいえる程、大山邸エッセンスが詰まっています。



そう、

いくら部屋の匂いが変でも、

壁が黄色くても、

苺が腐っていようとも、

風呂場にカツラがあろうとも、

なんか喘息になっても、


汚さも、臭さも、くつしたも、カツラも、

音には混じらないんです!


CDは純粋に完成するのです。


それが音楽の素晴らしい特性だと大山くんのおかげで知ることができました。




バンザイ〜!!









で・・・新居も同じようになるのかとすこし不安です。


両国最後のポッドキャスト。聴くことができます。
ポッドキャスト引越し編
タグ:両国
音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 00:23 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

さよなら両国(4)奇蹟

さて、雨の中のお引越しが終わったはずなのですが、
大山くんと連絡がとれなくなったので、

「もしや、また腰がガチャッとなってダンボールの隙間で動けなくなっているのではないか???」

と心配しましたが、

今日になり携帯も通じ無事を確認したのでひと安心。





汚い部屋の話ばかり続いたので今日彼から聞いたきれいな話をお届けします。



家財、機材がぜんぶなくなり、掃除をひととおり済ませた両国の部屋は
以外と広く、素敵なかんじになったそうです。

もちろん、16年間の煙草とホコリで壁の色、障子の色などの経年劣化は
どうにもなりません。

でもその部屋で起きた小さな奇蹟がひとつ。

それは







真っ黒だったガス台が新品に戻ったこと!






ぼくらも毎回眺めては「この一画はどうにもならないねえ」なんてよく言ってたガス台が、ふきんでひと拭きでピカピカになったそうです。

というのも



16年間の生活において彼はそのガス台でお湯を湧かしたことしかなく、油を一度も使っていないので、


真っ黒だったのはこびりついた汚れではなくて、ただただ16年分ホコリと灰が黒く積み上がっていただけだったのです!


だからひと拭きで黒いものは「ずるん」と皮の剥けるようにとれて、中からは新品が登場したというわけです。


その様子は奇蹟のようだったといいます。


16年の間、大切に守られていたんですね!









・・・克美ちゃん、泣ける?



メルマガ配信しました。届きましたでしょうか?
あさって月曜日からネットラジオの放送時間が変わります。御注意を。
22.30〜23.00
オフィシャルサイトのメニューからどうぞ ⇒白うさぎぴょん

お題は『もやもや』

メール待ってます
pyon★satokototsuki.com まで。
音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 00:13 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

こんにちは仙川(1)

さと月のラジオ録りと新曲デモ歌録り。

ということで、

初めて大山くんの新居におじゃましました!
大山徹也


真っ白な壁

新しい机、カーテン

清潔感あふれるキッチン。



ラジオもちょっとテンション上がりすぎてしまいました。

何がそんなに楽しいの?と思ったかたもいると思います。

部屋が楽しかったのですよ・・・



白く清潔な背景に
歌録りも進む!
聡子






あしたは新しい冷蔵庫を公開だ!



ラジオで発表したPV第二弾はこちらです
>> youtube



音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 22:38 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | さとこと月日記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
月の森/さとこと月
『月の森』/さとこと月
月の森価格(税込):2,500円発売日:2005年 7月 13日SATOKO001 ジャパン ミュージック システム

痛く、悲しく、そして不可思議・・・。
人や地球の生命の美しさや痛みを、聡子の卓越した詩センスで描くファンタジックロックアルバム。全11曲。
"アタシと出会った全ての方へ"
NEXTMUSIC AWARDS 2006作詞賞受賞
あなたも深い不思議の海に首まで浸かって浮かんでください。

1.チョコレイト
2.ぶたぶたピンク
3.水面
4.星空
5.夕日
6.イガイガ虫
7.あら、ねこ。
8.天使の星
9.アタシと出会った全ての方へaudio.gif
10.夕日II
11.まるで終わらない命




最高!"お気に入りはなんといっても「ぶたぶたピンク」 最高にロックでカッコイイ曲。 ボーカルの聡子ちゃんの独特の詩の世界と歌声がアナタをさと月ワールドに誘います。 聴いた人は必ずや中毒になること間違いなし。 サウンドもめちゃめちゃカッコイイ今年一番のオススメCDです。"
.....kenx2

"聡子さんの歌はその"毒"でぼくの心を癒す。"
.....宮崎誠(morganic stereo)

最高!"「アタシと出会った全ての方へ」を聞いた時には涙が溢れました。こんなに悲しい歌は他に無い! Coccoとかとは違うベクトルの悲しさを感じます。 他ではメルヘン的なもの、闇に向かっていくもの等…聡子さんの圧倒的な表現力で世界に入れます。 全体のサウンドはバラエティ豊かに世界をプッシュ。 adi的な美しいプログレポップ〜RadioHead系Rockサウンドに「ツボのいい」メロディ。 バンド的な仕上がりの中、メンバーの美しく全体を司るキーボードと攻撃的でメロディックなベースがサウンドの主役に。 「作品」という言葉が似合うCDです。"
.....mika, 千葉

最高!"どんなに報われなくても幸せだといえるのってすごい。 1度聴いたら忘れられない。"
.....AKIRA, 静岡


※さとこと月のCDは全国の大型レコード店、ネットショップ、ライブ会場で購入できます。レコード店では在庫のない場合取り寄せになります。

いま無料でさとこと月のmp3音源がダウンロードできます。
プレゼント
▲TOPへ