配信システムの都合でさと月メルマガストップ中。スミマセン。
いつもありがとう。

2006年03月07日

ピート・ドハーティ登場(さとこと月京都・番外編)

liv87542102.jpg
京都に向かう車のなかでみんなで<ライヴ8>のDVDを見てた。
エルトンジョンに呼ばれて出てきたのはピート・ドハーティ
彼のあまりにぐだぐだなパフォーマンスに大ウケしてしまった。
繰り返し見てとりこに・・・。




そしてさと月ライブ中、
最後の出演者全員のセッションでふと後ろを振り返ると...


すでにDORAにはピートが降りてきてた。


目はうつろで、クネクネ激しく動いてた・・・。






終わったあと何人かに「ギターのひとのあの動きは一体なに?」って聞かれました。





そういえばDORAくん、ライブ前の新京極でも葉巻きを買おうか迷ってた・・・。
かわいそうに。とりつかれてしまったのね。









ピート・ドハーティはこんなヤツ。
2005-08-07
Elton John 「Live 8」でのピートとの共演を振り返る!
「パフォーマンスの質の悪さはピート・ドハーティの緊張のせいであったとし、彼を“クズ”呼ばわり」(記事より)。
などなど。







音源ダウンロード
さとこと月プレゼント

posted by ふな at 00:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | さとこと月日記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新規コメント停止中デス
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
へんなゴリラ/さとこと月
『へんなゴリラ』/さとこと月
hengori_12.jpgへんなゴリラ価格(税込):800円発売日:2006年 9月 20日 USSA-00001 月の兎レコードJAPAN MUSIC SYSTEM

一度聴いたら忘れない個性。誰にも似てない感性。
彼らにしか表現できないエキセントリックさは聴けば聴くほどに深く、濃く心に染み 渡る。

CD Journal誌にて高評価

1.へんなゴリラaudio.gif
2.ばいばいダーリンさん
3.さよならら



"少女の薄い肌で感受する痛みをロックへと昇華しているかのような3ピースの初シングル。ピアノとみずみずしい歌声が引っ張っていくサウンドに現実感が抜かれていく感覚を憶えつつ、切実な歌詞にはじりじりと温度を上げていく痛みのリアルさが窺えてならない"
.....(薫)CD Journal

最高!"ピアノの優しい旋律と共に溢れる歌唱力豊かな歌声。可愛くて、なのに風のようなのびがある。唄も歌詞もまるでお伽話が現実になったかのような美しく、切なく、心が温まるような、変てこな気持ちになってしまう、そんな曲です。 "
.....ダブル・タイガー, 埼玉

最高!"「あ〜へんなゴリラ」のフレーズが頭の中でまわっちゃいますが さらりと、ずしっとくる。 何度か聴く度にお気に入りになりそうな。 最後の言葉もちょっとドキっとします☆ "
.....ワンダーランド

最高!"美しくもありかわいい歌声で、不思議の国へ導いてくれます。1回聞いたらもっと聞いていたいと思わせてくれます。あなたも一緒に「さと月」が導いてくれる世界に行ってみませんか?是非1回聞いてみてください。こんな気持ちは他では経験できませんよ。"
.....姜維伯約, 静岡

最高!"ヘンテコな世界感の中、聴きやすいメロディーとさらっとした構成。 遊園地にいるような楽しくキレイなアレンジ。 何度でも聴けるCDです。 、、、何度も聴くうちにすっかり「さと月」ワールドへ。 そして。 なんといっても、心の奥に飛び込んでくる聡子さんの詩世界と歌はオンリーワンです。"
.....アルフォンス, ちば

最高!"不思議な言葉がまわってかけぬけて、せつなげな音が通りすぎて、メリーゴーランドのような景色が見える。 3曲聴き終わったあとは見知らぬ土地でお気に入りのオルゴールを見つけてしまったような、幸せな気持ちになれます。"
.....ありす, どこか

最高!"さと月の曲はほんときゃわいくて、でもせつなくて、すごくキレイ。一回聴き始めると、ずっとずっとさと月の世界にいたくなります。3曲とも、とっても大切にしたい曲です。さよならら愛してる。"
.....ぷににぷにぷに, ぐんまけん

最高!"「ぴ、ぴん、てぃ、てぃ」 アタマから離れない。 しわが残るくらい胸がきゅっとなります。 "
.....吉井 紀子, ちけぶ

いまなら無料でさとこと月のmp3音源がダウンロードできます。
プレゼント
▲TOPへ